8月30日 全国デモ

2015.08.31

きのう30日、10万人を超える人たちが、国会前に集まり、安保法制を廃案にせよという意思表示をしました。世論調査でも7割くらいの人が、安保法制に反対していて、要するに国民は反対です。

安倍と自民党・公明党は「国民の声には屈しないぞ!」と頑張っているわけです。

王や独裁者なら知らず、国民に選ばれて、国民から依頼されて政治の舵取りをしている者が、「国民の声には屈しないぞ」などと頑張るのは、頭がどうかしています。そういう「頑張り」は無理がありますから、ふつうの人間なら、いずれ精神を病んで病気になります。ましてや、自分の信念ではなく、アメリカに命令されてやっているだけですから、精神の平衡を保つのは困難です。

ただしそれが平気な人もいます。「サイコパス」です。



私たちが7月31日に国会前に行ったときは、まだ人々のパワーが弱くて、警官隊の規制をはねのける状況ではありませんでしたが、今回は人々は、警察が作っていた車道へのバリケードをおしのけて車道を占拠しました。

おそらく、警察(政権)中枢から現場に、民衆の圧力が高まったら車道は明け渡せ、という指示が出ていたのでしょう。ここで警棒でバシバシたたくなどしてケガ人を出したり、何十人も検挙したりして、その映像が世界に報道されては、政権は持ちません。装甲車を並べて正門前だけ集中してガードする、という手はずだったようです。

私は、国会前には行けませんでしたが、妻と2人で大阪の集会に参加しました。
そこには、民主党の辻元清美氏や共産党の辰巳孝太郎氏が来て、あいさつをしていました。
社民党の叉市幹事長もあいさつをしました。
下の写真は三々五々集まり始めているところです。







やがて主催者発表で2万5千人になりました。扇町公園では空前の集まりだったようです。労働組合や地域の団体の人が多く、学生はあまり来ていませんでしたが、司会はシールズの男女学生でした。このように「戦争アカン」と書いた紙を、みんなで掲げました。3方向に分かれてデモが出て行くのに1時間以上かかりました。

集会で耳目を集めたのは、創価学会の女性会員が創価学会の三色旗を掲げて、安保法制に反対するスピーチをしたことです。(下の写真)
辻元さんや辰巳さんも興味津々で、壇上でスマホで写真をとっていました。



私は創価学会のことは知りませんが、ともかく、今回の安保法制は公明党が賛成しているから成立しかかっているわけです。

その公明党の母体である創価学会から、公然と反対する声が上がっているわけで、創価学会と公明党との間でどういう力関係になっているのか不思議ですが、ともかくそういう状況で、創価学会内部で安保法制に反対する声が高まっているようです。

この写真は、戸田(創価学会第2代会長)記念国際平和研究所のケビン・クレメンツ所長から、学会員宛てに届けられた「緊急メッセージ」というものを読み上げているところです。

メッセージの中に次の一節があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/hanashi_ai/20291177.html

日本の平和憲法の解釈変更を、沈黙をもって支持するなど、ありえないことです。アメリカと一体となっての「 拡大抑止」を強化しようとしておいて、同時にまだ平和主義、反軍国主義、反核の立場を堅持していると標榜することなど、なおさらありえないことです。現在審議中の安保法案は日本の、そしてSGIの平和主義の主張を覆すものです。

「安保法制はSGI(創価学会)の平和主義とは相容れない」と、創価学会の平和研究所の所長が明確に言っているわけで、これで公明党が安保法制に賛成して、来年の参議院選挙で、創価学会員がいつものようにせっせと公明党に集票するのであれば、創価学会っていったい何?ということになります。


トップに戻る