日本水泳連盟は冨田尚哉選手の名誉を回復せよ Part 2

2014.11.10


11月6日に名古屋で行われた冨田尚哉選手の記者会見の模様を、翌朝のテレ朝日(テレビ東京)のモーニングバードは以下のように伝えました。


  事実について
冨田尚哉選手代理人 國田武二郎弁護士 

國田
突然冨田選手は何者かに左手首をきつくつかまれた A(陳述書でAと記述されている面識のない男)は大きくて黒い塊を素早く冨田選手のバッグの中に入れた
肌はアジア系で少し日焼けしたような感じの色 髪は黒く短髪で瞳は黒く、にやつくような不敵な笑みを浮かべていた 冨田選手は非常に印象深く覚えているようであります。
質問 怪しい人物は冨田選手しか目撃していないのか?防犯カメラなどは?  
國田 今のところ冨田選手の供述以外はありません。防犯カメラに映っていたとか確認は取れていません。
國田 (JOC担当者に)特段説明を受けることなく「ついてきてほしい」と言われたので、用件がわからないままついて行った所、メイン会場外に誘導され銀色のワンボックスが1台止まっていて、どうしてこんな所に自分が連れてこられるのか冨田選手は全く見当もつかなかった

  「会見で配られた資料」 
冨田選手の旅行ケースが開かれた状態になっており、その上に盗まれたカメラの模型(カメラボディ実物大のボール紙の箱にカメラボディの写真を貼り付けたもの)と、その旅行ケースが冨田選手のものであることを特定できるような身分証明書のようなものが置かれている。韓国の警察が撮影した写真(陳述書参照)を國田武二郎弁護士が入手して今回の記者会見場で配布したということのようだ 
國田
冨田選手はスーツケースを左右に広げた上にカメラを置いたんです。
何が言いたいかというと、盗んだのであればわざわざ他の選手に見えるように置かない
國田
たとえ身に覚えがなくても自分ひとり我慢して真実をのみ込んで素直に従っておれば事態も収束しみんなに迷惑をかけず自分も日本に帰れる、そう思ったから冨田選手は警察官の言うままに「はいはい」と答えて認めてしまったということですね
 
 

番組解説
冨田選手は窃盗罪で略式起訴 罰金100万ウォンを支払い日本に帰国

番組解説
冨田選手は日本選手団追放 2016年までの選手登録停止処分所属会社は解雇
 
  韓国捜査幹部の主張(韓国のテレビ放送から)

防犯カメラの映像にはジャージを着たある男性がカメラを分離して自分のカバンにいれる場面があった 

カメラを盗まれた記者が席を立ってから戻ってくるまで現場を訪れたのは冨田選手だけ 

なんで第3者がいたという主張をしているのか理解できない
 
  捜査幹部
犯行の瞬間の映像は横顔になっているが誰かはハッキリわかる。
日本オリンピック委員会(JOC)の柳谷氏が映像を見て冨田選手と特定した。
冨田選手を(容疑者に)特定した時から警察での供述が終わるまで同行した柳谷氏が口を開いて真実を明らかにしなければならない 
  モーニングバードの図解
冨田選手はプールの画像の右側の入り口からジャージ姿で入ってきてプールサイドの向こう正面を半周して記者席に座った。

 
  午前11時48分席のとなりに置いてあったカメラを取り、
  レンズをはずしてボディだけを自分のカバンに入れて 
  午前11時49分にバッグをもってそこを立ち去った。レンズは置き去りにされた?・・・はず
 
JOCの担当者が水泳競技場で応援中だった冨田を廊下に呼び出し「カメラは持ってきたのか」と聞いたら冨田はすぐ「そうだ」と認めた 
  映像の内容について

質問 警察から見せられたカメラの映像に第3者は映っていたか

冨田
机を挟んでスマートフォンで見せられたという感じなのですごく小さかったですし遠かったので僕が盗っているとされている映像も見ることができなかったです
 
質問 映像を見せられたのはスマートフォンなんですか?
冨田
僕の予想(想像)ですけど防犯カメラ映像をスマホのカメラで撮ったと思うんですけどちゃんとした映像をパソコンから取り込んでスマホに入れた映像じゃなくて防犯カメラをスマホで撮っていたのですごく見にくかったですしぶれている感じも僕の中ではすごい印象を受けました 
 

質問 静止画もあったのですか?
冨田
動画は覚えているが静止画は覚えていない
 
質問 防犯カメラの映像には冨田選手のいう第3者が映っていると主張されるわけでしょうか
冨田
その映像だけ画像が粗かったですし画面の左の方に僕が映っている状況ですけど僕の体も切れるくらいぎりぎりにしか映っていないので見ないと分からないが難しいかなと思います
質問 映像は画面の端にいて体全部が映っていなかった?
冨田 はい 
  質問 第3者がいるであろう部分は切れていた?
冨田 それは切れていたと思います
質問 ひな壇(記者席)で警察が言うにはカメラとレンズを分離してカバンに入れたということですが、これはないということですね  
冨田 はい 
  怪しい男について
質問 怪しい男はなぜそのようなことをした
冨田
その人が何国人かも分からないですし何語を話すかも分からないので僕には分からないです
質問 警察などに言わなければという気持ちは?
冨田
手首をつかまれただけでけがをしたわけではないので特にそういう考えは思い浮かばなかった 
  質問 バッグの中をなぜすぐに確かめなかったのか
冨田
それを渡された時に何か言われたんですが、何を言っていたのかわからなかったんですけど、僕はその時それをゴミだと勘違いしてしまいました 渡された後にすぐにゴミは子に入れようとしたんですが、バスに乗り込むまでゴミは子がなかったので持ち帰ってしまいました
質問 すぐに捨てたいものではなかったんですか 別に持っといてよかったんですか 
冨田 僕は壊れているものだと思ったのですぐにゴミ箱に入れようという思いはなかったです
質問 怪しい人間にどんな感情を持ちましたか
冨田 その時はもう、怪しいというか、カバンの中にレース用の防止とかゴーグルが入っていたのでそれを取り返すことが先決でした  
  JOC事務局長の会見

冨田選手の記者会見を受けて、JOC(日本オリンピック委員会)でも記者会見が開かれた。


質問 今日の(冨田選手の)会見の中でJOCの認識と異なっている部分はどうお考えですか?
平事務局長   映像の問題ですが実際に見ております。 そこには確認しているという事実はございます 

 
質問 実際にレンズをはずした部分の映像の有無について話をずっとしていたとおもうんですけど
平   細かい話については今後いろいろ司法の問題も出てくると思いますので現状では私どもでコメントすることはちょっと控えさせていただきます 
  質問 盗ったところが間違いなく映っているという認識でよろしいですか?  
平  まぁそうですね 盗ったというよりも現実的には袋に入れているところが確認できたということで

質問 カバンに入れる部分が映っていたということですか?
平  そうですね、はい
 
  質問 映像は見てすぐ冨田選手とわかるようなもの?
平  というふうに報告を受けてますし
 
質問 肝心の盗った場面の話になると映像が不鮮明であるとか映っていなかったという話を(冨田選手は)されているんですが そこはJOC側の認識と決定的に違うのかなって思うんですけども
平  今度警察かなんかで確認してもらうしかないですね、私どもの記録ではそれが確認できたから冨田選手を呼びに行った
質問 映像の中に第3者のようなものが映っていたという報告は?
平  そこまでは確定しておりません そういった意味では警察とですね、映像を確認してもらうのが一番よろしいかと 
  平 

競技会場から応援している最中だったので彼を呼び出して競技会場の外に連れ出したと 

そこから選手村に移動するわけですけど、その警察車両に乗る段階で認めております


  平  
JOCの認識としましては本人が認めたという中で逆に警察の方がですね できるだけ早くこの問題を解決しようと言う形で努力して勧めてくれたと
  冨田
僕、通訳、JOCの方が一緒に見ていたので防犯カメラの映像は一緒に見ました ただ僕が盗ったシーンというのはJOCの方は見ていないと思います。



 
  冨田
JOCの方には弁明する機会をもらえなかったので、JOCの方に盗ったと言ったことはない

質問 JOC本部役員にもしっかりしたことをしゃべってほしい?
冨田 はい
  心境について

冨田 僕はカメラを盗んでいません
質問 はっきり誓えますか?
冨田 はい
質問 過去に何か人のものを盗んだことは?
冨田 人のものを盗ったりしたこともないです
質問 盗んでいないと一番信じている人は?
冨田 一番は両親ですし家族であると思います
 
質問 リオのオリンピックについっては?
冨田 今のまま3月31日までの選手登録停止だと日本選手権に出られないので難しいかなと思います 
  質問 他の日本代表から連絡や励ましの言葉は?
冨田 今朝もいろんな方からラインやメールをもらって本当に競泳日本代表は大好きです

 
  質問 誰からのメッセージが印象に残っている?

(1分間沈黙 フラッシュやまず 涙ぐみながらようやく) 

冨田 みなさんとてもいいメッセージでした
 
  質問 もし時間を戻すことができたらどの行動をやりなおしたいですか?
冨田 バッグに入れられた時にその場で返してやればよかったと思います

 
冨田 僕が一番不安だったのは韓国に残って帰国できない状況になるのが怖かったんですけどそれでも韓国に残って「僕はやってない」と言える心がなかった自分が悪かったと思います

質問 その後やっぱり否定しなければいけないと思ったのはいつなのか?
きっかけというか心境の変化は?
 
  冨田 僕は次の日みんなと同じ飛行機に乗れるからと言われて認めたにもかかわらず、次の日、出国もできずずっと滞在している状況だったので「それでは話が違うぞ」と思って言おうと思いました
質問 そのままであれば言わなかったと?
冨田 僕の心が弱いからかもしれないですけど、次の日みんなと一緒に帰ることができたら言わなかった状況もあり得ると思います 
質問 帰国前に「やってない」と関係者に言ってたというのは事実ですか?
冨田 僕はアメリカで練習していたんですけどそのコーチを一番信頼していて、そのコーチに「僕はやっていない」ということを言ったところ「会社の上司の方に今すぐ言いに行け」と言われて、言いに行きました。 まず釈明したかったのは、金浦の空港でも、僕はやっていないと強く言いたいと訴えました
  質問 誰かから圧力をかけられて言えなかった?自分の口から言えない理由があった?

冨田 僕の口から言えない理由はなかったですけどその前にデサントの社員ですし、社員でしたし、会社の指示に従い僕も納得して後日会見を開こうということになりました
 
  質問 今日やっと本当のことが言えるという気持ちでしょうか?
冨田 はいそうです
 
  冨田 僕が韓国の警察で認めたのは事実ですし、それについて日本選手団追放となったので、まあ仕方なかったと思います

 
  質問 なぜ水泳連盟の決定に対して不服申し立てをしなかった?

冨田 僕の中で本当に上野先生(競泳委員長)平井先生(監督)は信頼しているのでそれはしなかったです
 
  質問 一番伝えたいことを改めて教えて下さい

冨田 真実は違って、僕はやっていないということを言いたいです 

 


トップに戻る