台湾 脱原発へ

2011.05.24


台湾の馬政権は現在稼働中の6基の原子炉を順次廃炉にしてゆき、原発の新設はしない方針を決めました。原発に代えて自然エネルギーの開発に取り組むということです。

台湾も日本に次ぐ地震国です。福島は他人事ではないということです。




また、ドイツでもブレーメン州の選挙で「緑の党」が脱原発を掲げて、メルケル首相のキリスト教民主同盟をおさえて第2党に躍進しました(第1党は社会民主党)。

世界は急速に脱原発に向かって動いています。



トップに戻る