大飯核発電所の再稼働について

2012.06.07


大飯核発電所の再稼働について、議論が錯綜しています。


現在の政治状況

いまはどういう状況か。

政府は再稼働を決めたようですが、総理に信念が不足しているので迫力がありません。

地元の電力消費者として、関西広域連合という誰が責任者か分からない無責任体制は、なし崩しに再稼働を容認しましたが、その理由が「大臣が2回も来たから何とかしなきゃ」というのですから、まったく噴飯ものです。案の定、いったんは言いくるめられた滋賀や京都が、あとからぐちぐち文句を言い出しました。

大阪市長は「負けました」などとあっさり矛を収めてしまいましたが、もともと彼は「核武装論者」ですから、脱核発電の信念などありません。彼の行動は選挙目当てのパフォーマンスでしかありません。形勢を見て、これからも勝ったとか負けたとか言うでしょう。

福井県知事は、地元消費者の府県が揺れ動くことにたいへん不満で怒っています。関西に電力を供給するために福井県民がいかに尊い犠牲的精神を発揮しているか、関西人は知るべきだ、と居丈高に言い募っています。そして野田総理に対して、核発電が日本国にとって重要であることを国民に宣言せよ、と要求しています。

しかしこういう動きに対して、国民の7割以上は依然として大飯核発電の再稼働に反対です。

これが現在の状況です。


事の本質 1 核は人類の手に負えない

事の本質の第1は、人類には核のエネルギーは制御できないという、宇宙の真理です。

拙著「日本新生 さらば核発電」で明確に述べているように、核発電は原理的に人類の手に余るものです。子供の火遊びと同じで、「消し方」を知らないのですからどうにもなりません。
これは「核のエネルギー」が生命活動のエネルギー(電子のレベル)に比べて、エネルギーがケタ違いに強いことと、その持続時間が生命の輪廻に比べてケタ違いに長いことと、その2つの理由によります。

「消し方」とは、単に緊急時に核発電の運転を止めるとか、止めた後、放射能を閉じ込めて冷却するとか、原子力ムラが偉そうに言っていた「止める、冷やす、閉じ込める」ということが出来ればいいということではありません。

ましてや、彼らはそれさえまともに出来なかったし、出来なかったのは一生懸命やって出来なかったのではなく、彼らが傲慢で怠惰で不真面目であったからですから、そんな彼らがいまさら何を言うかということです。

「消す」とは核廃棄物の処理が出来るということです。開けた「核の扉」を「閉められる」ということです。しかしそれは人類には出来ません。未来永劫、出来ません。なぜなら生命体の力(電子のレベル)では核のエネルギーを制御できないからです。これが宇宙の真理です。

人類にとって核のエネルギーを制御するのがどれくらい不可能か、というとこれは、もしそれが存在するとして、人類よりも高度に発達していると思われる「宇宙人」にとっても、核のエネルギーを制御することは不可能なのです。生命体と核とは隔絶しているのです。

このことを、宇宙に普遍的に存在すると思われる「空間エネルギー」(free energy)を研究している井出治氏(下の写真)が、近著(右の図)で次のように書いています



原子力は根本的に人間が制御できるものじゃありません。
現在の原子力産業は、世界中に網の目のように張られたシンジケートに乗って動かされていますが、、あと何十年か経ったら必ず消えます。消えないと地球がもちません。

井出氏のように、空間から無限のエネルギーが取り出せる、とか、UFOがどうやってそのエネルギーを利用しているのか、などを研究している人は、当然異端ですから、既成の科学者たちからはまともに扱われません。むろん、原子力ムラなどから見れば狂気の沙汰です。

しかし井出氏は、電磁気的な研究を進めることで空間から無限のエネルギーを取り出せるはずだし、遠い星からやってきている宇宙人はそのエネルギーを利用しているはずだ、という自分の研究成果をアメリカ物理学会誌に発表しています。そして、同学会から招かれて何度も講演しています。

ともかく、宇宙人が利用しているエネルギーを研究をしている人が、原子力は人類の手に余ると言っているのです。




事の本質 2
  核発電は、やめる以外の選択枝はない

不可能なことはやってはいけません。

扉の開け方が分かったくらいで、閉じ方が分からないもので火遊びしていると、とんでもないことになるのは当たり前で、日本の場合は40年で致命的な爆発があったわけです。

ですから、そういうものはやめなければなりません。

ある、と思うから未練があります。
そんなものはない、と思い定めることです。
3.11がその転機です。

菅前総理は、最前線でそのことを深く悟りました。だから脱原発へ大きく舵を切りました。

その菅前総理を追い落としたのが原子力ムラです。
一部の国民がそれを後押ししました。その結果が今の野田総理です。

私はこのサイトで、最初からずっと、菅前総理がんばれとエールを送っていました。
明確に脱原発の旗を掲げることこそが、3.11以降の日本に必要な基本政策です。
なんで今、菅総理を引き下ろすのか。


事の本質 3 核発電推進派は全員、核発電で直接の利益を得ている人々

いま核発電を推進している人はすべて、核発電によって直接の利益を得ている人々です。
それ以外の人はいません。それ以外の、しがらみのない人々はみな、核発電に反対です。
だから国民の7割以上が、大飯の再稼働に反対なのです。

実に分かりやすい話です。

電力会社は、使える設備を使わずに、石油や天然ガスを買ってきて余計な出費を強いられて、給料を減らし資産を失い貯金を使い果たすことなど、断じて受け入れられません。

原子力ムラの住人は、核発電がなくなれば自分たちの存在意義がなくなるし、現実にメシの食い上げになりますから、なんとしても核発電を維持したいと思っています。

それらの議論は、日本のエネルギー政策をどうする、こうする、などという高尚な話ではまったくありません。自分の利益の話です。その最たるものが、立地の地元の福井県であり大飯町です。

福井県知事は、日本にとって核発電は重要だとか、総理はそれを明言しろ、だとか声高に言っていますが、1県の知事ごときがそんなことを言う立場にあるはずもありません。

私が学生だった40年前に、関電が最初に白羽の矢を立てた和歌山県は核発電を拒否しました。
そのあと、敦賀市や美浜町や大飯町などの福井県が原発を積極的に誘致して、福井県が原発銀座になりました。福井県が、当時の原発反対運動をつぶしたとも言えます。

敦賀市の昔の市長は講演会で、「原発を誘致してどんどん金をもらいましょう、それで50年後に異常な子が生まれても、そんなことは知ったことではない」と堂々と演説しています。

福井県は目先の補助金や仕事がほしいだけですし、大飯町も同じです。核発電誘致にはもともとそれしか動機がありません。そんなことは天下万民の目にずっと昔から明らかです。

このように、原発を推進している人々は、原発から直接利益を得ている人々だ、というのが事の本質です。


事の本質  4  脱核発電には時間がかかる

このような本質を理解した上で、じゃぁどうするか、ということです。

脱核発電には時間がかかります。

ただちに全部止めろ、とはいかにも威勢はよいですが、それは必ずしも全国民の合意にはなりません。突っ走れば息切れしたり、停電などの不測の事態が起きて国民世論がひっくり返ったりするでしょう。

今後10年かけて、一歩も後退せずに着実に脱核発電を目指そうとするならば、威勢のよい声ばかりに振り回されてはいけません。

何が必要か、どういうステップが必要か。

これまでここで何度か書いたように、政府が脱核発電を大方針として明確に設定し、その道筋をしっかり示した上で、とりあえず安全そうな核発電は動かしながら脱核発電を目指す、というのが日本が取りうる現実的な政策です。ドイツやスイスや台湾など、脱核発電を目指す国々も、そのように段階的な廃止を目指しています。




どうしたらいいか?


しかるに、野田総理は脱核発電を明言しません。ビジョンがまったくありません。

そこが現今の混迷の原因です。

どうしたらいいか?

一部に小沢待望論がありますが、中国の習近平氏の割り込み天皇訪問事件で明らかになったように、小沢氏には尊皇の志がありませんから、立憲君主国の日本を統治するのは無理です。

どうしたらいいか?

他のことはともかく、脱核発電に関しては、菅前総理が「脱核発電救国戦線」を結成して次の総選挙に臨むなら私は一票を投じます。日本の、そして世界の、脱核発電のキーパーソンは菅直人です。

トップに戻る