ペイ・アン・ヒツ・ハタ・ショウ・オン・・・・何のこと?(^^

2011.05.12


原発が資本主義社会で成立するためには、コスト競争力がなければなりません。
もし、コスト競争力がないのに存在するなら、そこには経済以外の理由があるはずです。

スライドショウ「脱原発の道」で指摘しているように、原発にはコスト競争力がまったくなく、日本に原発が存在する理由は、核武装と資源分散と利権であり、核武装と資源分散は過去には意味があったかも知れませんが、今ではほとんど意味はありません。

結局、原発は今では少数の人々の利権のためだけに存在しています。

阪大の八田教授は、「原発のコストをきちんと評価しろ」と言っています。

賛成です。


毎日新聞朝刊



原発は正しい費用に基づいた競争がされていない、コストには保険も含めろ、ということです。
まったく賛成です。

そして正しい評価をすれば、原発は資本主義社会では成立しません。保険会社が引き受けないし、仮に引き受けてもバカ高い保険料になって、電力料金に競争力がなくなるからです。

八田教授は、東電は発電所を売却しろ(送電発電の分離=電力の自由化)と言っていますが、原発を買う人はいないでしょう。つまり八田教授の考えはおのずと脱原発になります。


原発についてはこれまで、安全かどうかが中心に議論されてきました。そしてとかく、「技術者」同士が議論していました。しかしそのような議論は一般国民には分かりにくい上に、「事故が起きるまでは」、安全だ、安全だ、といくらでもごまかすことができます。実際に国民はずっと騙されてきました。


経済事象なのですから、ペイするかどうかがまず第一に議論されるべきです。

その上で、安全かどうか、必要かどうか、将来はどうか、などを検討して、良さそうならやろうか、という経営判断になります。

原子力はkwhあたり20円で、LNGが10円なら、原発なんかやめておけというのは小学生にも分かる理屈です。ペイしないものを検討してもムダです。それが分かっているから原発推進派(政府)は発電コストをごまかしてきました。


私が考える「原発がダメな理由」は順番に、

1.ペイしていない
2.安全でない
3.必要でない
4。破綻している(政策が)
5.将来がない
6.温暖化する

の6つです。


聞かれてすぐ答えられるように、「ペイアンヒツハタショウオン」と覚えました。
(ハタは、ハだけだと思い出しにくいので、ハタ)


これを覚えてスラスラ言えるようになると、脱原発の論客になれますよ(^^。  拡散!




トップに戻る