もんじゅ 落下した金属棒 今日引き上げ

2011.06.23


福井県敦賀市で運転中の高速増殖炉「もんじゅ」の炉内に落下した金属棒を引き上げる作業が本日始まります。



朝日新聞ニュース
http://www.asahi.com/national/update/0622/OSK201106220095.html


もんじゅの落下装置、23日に再引き上げ 3度目の試み
2011年6月22日21時1分


 日本原子力研究開発機構は23日、重量3.3トンの装置が原子炉容器内に10カ月近く落下したままとなっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)から、装置の引き抜き作業をする。機構は昨年10月にも回収を2回試みたが失敗しており、今回の作業が、高速増殖炉開発の今後に影響を与える可能性がある。

 もんじゅは、燃やした以上に核燃料のプルトニウムができる「夢の原子炉」と期待されたが、1995年12月、冷却材のナトリウム漏れ事故で停止。昨年5月6日に14年5カ月ぶりに再稼働した。しかし、プルトニウム燃料を交換した直後の昨年8月26日、燃料の装填(そうてん)に使う長さ12メートルの「炉内中継装置」がつり上げ用のウインチから外れ、約2メートルの高さから落ちた。ウインチの爪が正常に動かなかったのが原因だった。

 昨年10月の回収では、原子炉の上ぶたの開口部に引っかかかって失敗し、落下の衝撃で装置がゆがんでいることが判明している。23日の作業は、落下した装置と原子炉の上ぶたの一部の計6.9トンを同時に引き上げる。(高橋孝二)






原子炉の上で、炉内中継装置の引き上げに使う円筒形の装置を点検する作業員=22日午前、福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」、高橋孝二撮影




もんじゅについては、スライドショウで下記のように紹介しています。



しかし増殖炉は技術的に難しく、世界中がすでに撤退してしまいました。日本だけが「もんじゅ」でやっていますが、去年再開したとたんに炉内に金属部品を落として抜けなくなってしまい、原子炉の中は燃料がいっぱいで止めもできず、ただ冷やし続けるだけで電気もできないという、まったく危険でバカバカしい状況です。担当課長が自殺したほどです。増殖炉の冷却剤は10年前に爆発したナトリウムですから、いつまた爆発大火災になるかも知れません。(スライドショウから引用終わり)




1995年のナトリウム漏れによる大火災で、当時も動燃の課長が自殺(他殺?)しました。それから15年たって、昨年、もう安全になったからと政府がゴーサインを出して運転が始まったのです。
しかし15年もたてば施設は老朽化していますし、ベテラン運転員はおらず、「臨界ってなぁに?」と聞いた運転員がいるそうですから、何をもって安全と言うのか(安全宣言は原子力安全委員会の代谷京大教授でした。京大原子核工学科の先輩)疑問でしたが、再開したとたんに炉内に金属棒を落としてしまい、「抜き差しならない」状態に陥り、またしても担当課長が自殺しました。
写真は1995年の事故直後



本日の作業にについて、投稿サイトの「阿修羅」で、次のようなコメントが寄せられています。


01. 2011年6月23日 00:35:11: h6cbKB908I
なんといっても、いちばん怖いのは、この工事の安全性審査をあの保安院が行い認可したということだ。つまり、工事はどの工程でどういう危険があるかが一切見えないまま進む。事故がおおきくなれば、福島の比ではない、恐怖の悶呪!。

02. 2011年6月23日 01:58:14: aG9rpfshYI
このタイミングでやるべきものなのか、疑問に思う。福島で手一杯というか、手に余っているのが現実なのに。喫緊の問題がなければ、先送りしてもよさそうだが。それとも、どうしても工事する必要があるのか。それほど追い込まれているのか。

03. 2011年6月23日 04:43:58: EbYhz07urA
自分もそう思います。なぜ今この作業をしなければならないのか。保安員が実質何の監督責任も負わず規制機関として機能していないのが判明して推進派の経産省から分離させようとしてる最中というのに。原発利権の最たるものである高速増殖炉だけは廃炉にしたくないあまり世論が脱原発に動き利権が失われる前に既成事実として稼動状態にもっていこうとしているように思います。自分もそうですが、慌てて旅行の準備をすると必ず何かしら忘れます。今日、あと6時間ですか。どうせ延期されるでしょうけど。

04. 2011年6月23日 07:39:46: Ba5FgPCp7w
皆さんのコメントと 同じ気持ちです!作業進行を考えると とても怖いです〜

05. 2011年6月23日 08:41:07: NoB4T4uYVg
阿修羅さんへ
そんなに今私の居住地にプルトニウムをまき散らしたいのでしょうか。この国の神ってバカ?神じゃないのか?、そうか悪魔なのかぁ。それなら納得。

06. 2011年6月23日 08:51:58: NYP25Vv2CM
2ちゃんの話だとこの事故が起こってからもんじゅは悪化の一途だそうだ。ある講演会で話があったと。今引き抜かないと危険なんじゃないの。ナトリウム格納容器と配管がすでにひどく痛んでいるとか。

07. 2011年6月23日 09:32:09: Ba5FgPCp7w
万が一 引き抜き作業が上手く行ったら 稼動する…って本当ですか?こんな大金食い虫で恐ろしい物 廃炉に決定ですよね。

08. 2011年6月23日 09:34:45: HfOFNFAAqM
おはようございます。作業は無事終了したのでしょうか?日本人の将来にかかわることをなんかこそこそやっているようで・・・いまだに何の発表もいないってことは大丈夫?



予断を許さない、困難で危険な作業になると思います。
不発弾処理のようなものだと思いますが、周辺住民は何も知らされていないようです。

うまく行くことを切に願います。

ベストのシナリオは、まずは作業がうまく行くことです。それで燃料棒を抜けるようになったら、順次燃料棒を抜いて運転を停止し、高速増殖炉から撤退すべきです。

スライドショウで指摘したように、いまや原発は利権のためだけに運転されています。原発はペイしておらず、安全ではなく、必要でもなく、政策は破綻しており、将来もなく、温暖化防止にもなりません。原発は、国民を危険にさらしながら、原発関係者が自分たちの利権やら売り上げやら仕事やら報酬やらを得るためにだけ運転されています。ましてや高速増殖炉開発は、まったく愚かな所業です。関係者は2度の事故で、こんなことは人類には出来ないことをもう十分に証明してくれました。

高速増殖炉の関係者には、地震予知や新エネルギー開発などの、分野は違っても能力を発揮できる意味のある仕事を与えて職場と給与を保証し、国家プロジェクトは終了させるべきです。





トップに戻る