菅総理 発送電分離を検討

2011.05.19


菅総理は18日の記者会見で、発送電の分離を前向きで検討すると表明しました。(毎日新聞)






大いにけっこうです。

浜岡の停止によって、世論は完全に変わりました。

それにしても菅総理の矢継ぎ早の行動には驚かされます。
世論は支持している、電力会社の抵抗力は弱まっている、という判断でしょう。




福島がまだまだたいへんですから、まだこんなことを言うのは早いかも知れませんが、率直な感懐として思うことは、つぶれたのが東電の原発だったことが不幸中の幸いでした。

仮に、東北電力の女川がつぶれて、東電の福島が持ちこたえていたら、最大の抵抗勢力である東電の居丈高な態度は変わらなかったでしょう。原子力村のボスや御用学者らも、これまで通り好き放題なゴタクを並べていたでしょう。

関電でも中電でも、東電以外のどの電力会社の原発がつぶれても、東電の居丈高さは変わらなかったでしょう。つぶれたのが東電の原発だったことが、(それは東電がとりわけ傲慢であったことの必然の結果だったのですが)、日本政府が脱原発へ動き出すことができた要因です。


そして、発送電の分離です。これは本丸です。


実は、原発が全部廃炉になっても、電力会社は痛くも痒くもありません。多少の利権がなくなるだけです。むしろ、こんなに土下座して回るくらいなら原発なんか、やめだ、やめだ、というのが、実は電力会社の本音でしょう。

しかし発電を分離されて、電線だけの送電会社になってしまっては、経済界を牛耳ってきた栄光は消え失せます。(ま、部外者にはそれでいいのですが)

電力会社はこれから、あの手この手で菅政権をつぶしにかかります。要注目。



トップに戻る